新しい上映情報コメントレビューをご覧ください。

VEIN_movieをフォローしましょう

「映し出されるのは、あなた自身の心」

人形演劇界において世界各国で高い評価を受ける岡本芳一が、

自らの舞台演目を、さらなる新しい表現として開花させた。

それが、「百鬼どんどろ」製作唯一の映像作品にして、

遺作となった映画「VEIN-静脈-」である。


台詞が全くなく、人形アニメでも3Dでもなく、舞台の記録映像でもない、

人形と演者が映画の登場人物としてドラマを紡ぐ、今までになかった、

新しい「映画」である。

そこに刻まれたのは

一人の表現者が己の運命を受け入れていくかのようにも見える

「極限の愛と痛みの物語」である。

2016.8月11日『VEIN-静脈-』『人形のいる風景』3年ぶりの東京上映!

詳細はこちら!

エクアドルの映画祭にて、『VEIN-静脈-』グランプリ、主演賞(岡本芳一)ダブル受賞!!

詳細はこちら